2018年10月29日

コクゾウムシもサンバ (虫ネタなのでお気をつけください)

春菊、赤からし菜、花菜などが植わってる畑で、今日は追肥作業です
DSC_3161.JPG
米ぬかと圧搾油かすを2:1の割合で混ぜて、

DSC_3163.JPG
株間に開けた穴に入れていきます

さて、米ぬかにどうしてもわいてしまうのが

DSC_3162.JPG
コクゾウムシ
小さい茶色いのがそうです

子供の頃、もらったお米とかによくわいたよね〜
お米研ぐときに出てきて嫌やった〜失敗わからん

と話す40代の私と父ちゃんに対し、
「そうなんですか〜!」と驚く20代のしゅんぺいくん
精米技術も向上してるのかしらね顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

横道それました

お昼ご飯を食べて戻ってくると

DSC_3179.JPG
どんどん外に出てきているコクゾウムシたち

テントウムシと字数が同じで、思わず頭に浮かんでしまった

コクゾウムシのサンバ八分音符

しゃしゃり出てるわけではなくて、暗い糠袋のなかで過ごしていたのに、急に環境が変わって驚いて出てきているのでしょうけど…勝ち誇り

古くてスミマセン顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

このコクゾウムシは、肥料と一緒に投入しても、害はないのですが、困り者がこれ

DSC_3124-cda49.JPG
ダイコンサルハムシです
イガイガしてるのが幼虫
光沢があるのは成虫です

小カブ赤カブ、日野菜カなどがやられて、今年は泣く泣く鋤き込むことになった犯人です

花菜にも少しついていて、追肥よりも先に駆除で一巡したのにまだ怒り(ムカッ)怒り(ムカッ)

追肥をしながら引き続き駆除

DSC_3133.JPG
同じアブラナ科でも、ケールは無キズです
好き嫌いがあるのでしょうか?

寒さが本格的になって、自然と虫がいなくなるまで、持ちこたえてほしい〜ゴメン/お願い
posted by 山本有機農園 山本夢 at 21:27| Comment(0) |